ホーム > OCT

OCT

OCT

OCTは視神経にダメージを受けて最終的には失明する可能性がある緑内障を、早期に発見することが可能な機器です。

光を用いて、網膜や視神経の状態を詳細に調べる最新の検査機器『OCT』を導入し、緑内障や網膜の病気の診断を行っています。

緑内障について

緑内障について

緑内障は視神経がダメージを受け、やがて視野が欠けていき、最終的に失明する可能性がある怖い病気です。
ところが、自覚症状が現れるのが遅く、かなり大きく視野が欠けても気付かない場合もあり、手術で治すこともできないという、とてもやっかいな面を持っています。

本当に緑内障なのか、治療は必要なのか、治療開始後にその治療が本当に有効なのかを判定するのが困難な場合も多いので、少しでも不安な方はご遠慮なく相談ください。

OCTとは?

OCTとは?

OCT(Optical Coherence Tomography)は、光干渉断層計という検査機器です。
近赤外線を利用して網膜の断面像を得るこの機器で、緑内障における視神経繊維の状態を調べたり、網膜症などの診断を行います。
光学顕微鏡に近い精度で眼底の断面の様子を見ることができる特徴をもっています。
他にも検査時間が短い、造影剤を使用せず、弱い光で検査できるなど、患者さんに負担をかけず検査が可能です

緑内障の早期発見にOCTを役立てています

OCTと視野検査をあわせることで、緑内障を早期発見することができるので、患者さんが生涯ご自分の目で見て過ごすことができる治療の可能性が飛躍的に高まります。

検査料が安い反面、使用する機器が高価なので採用しているクリニックはまだ少ないのですが、当院では事前に2年くらいかけてじっくりと調べ、患者さんを適切に診察してさしあげられると判断して、いち早く導入し、活用しています。

患者さんとOTC

患者さまとOTC

OCTは患者さんにとってもご自分の状態を目で見て確認できることから、説明がわかりやすくなったとご好評をいただいています。
また、緑内障は目薬の治療を基本として一生の間、コントロールしていく必要があります。
そうした際に、現在の状態を確認できることはコントロールを続ける大きな励みになります。

緑内障だけでなく、網膜の病気もかなり進行するまで自覚症状がほとんどないものがあります。
そうした場合にも患者さんにとってOCT検査は大きな意味を持っています。

新着情報

一覧を見る

2016/12/19

12月29日は午後5時まで診療です。
また、年始は1月5日午後からの診療となっております。
2月7日午後から2月12日まで休診となります。
何卒宜しくお願い致します。

2016/07/29

夏季休診日のお知らせ
当院は8月7日から8月11日まで休診日とさせて頂きます。
何卒宜しくお願い致します。

2015/03/19

平成27年3月25日から3月29日まで休診します。

アクセス

詳しくはこちら